たかなわ島走Map

型番 ISBN 978-4-9907161-6-5
販売価格 540円(税40円)
購入数

[著 者]NPO法人シクロツーリズムしまなみ
[発行所]NPO法人シクロツーリズムしまなみ
[発 行]2017年4月 初版第1刷
[サ イ ズ]420×888mm 両面刷 蛇腹6面+2つ折り 仕上がりA5 2枚組


しまなみ海道から続く今治〜松山・道後間の自転車旅行をサポート! あなたは道後温泉まで、海ルート?それとも山ルート?
「海編」国道196号<はまかぜ海道>と「山編」国道317号の2枚セットで、地元ならではの情報をしっかりと伝授。今治〜松山サイクリングの必須アイテムです。

しまなみ海道を渡り終えた自転車旅行者の多くが目指すのは、日本最古湯のひとつ「道後温泉」のある松山市。しまなみの絶景を走り終えてもなお、松山市までの道のりを楽しんで走ってもらえるよう、ルート上の見どころ、美味しいもの処、あるいはサイドトリップルートなど、実地のサイクリング調査を繰り返して、詳細にまとめ上げました。

「海編」 国道196号(はまかぜ海道)は、シーサイドを行く平坦な道のりで、飲食など補給ポイントも多く、ビギナーの方でも走りやすい道のり。だたし、しまなみ海道に比べると交通量も増えるため、このMAPを片手に寄り道を楽しみながら走るのがおススメ。
「山編」 国道317号線は、海抜460m余りの峠越えがあり、どちらかといえば自転車に乗り慣れた人向けのコースといえるかもしれません。ですが、途中、道後温泉にも引けを取らない美人湯で名高い泉質の鈍川温泉や里山の美しい風景が広がり、自転車旅行の醍醐味にあふれた道のりともいえます。

ぜひ、"せとうちサイクリングmapシリーズ"の「しまなみ島走Map」&「とびしま島走Map」&「さざなみ島走Map」と合わせて、せとうち大三角形周遊自転車旅行などをお楽しみください。

Your recent history